40代から悪女で幸せになる!【心のフィニッシングスクール】わたしが始める理由:神戸御影ヒーリングサロン 心星 POLARIS(ポラリス)

40代から悪女で幸せになる!【心のフィニッシングスクール】わたしが始める理由

2017.10.08

 

人生の半ば、40代。

 

結婚して子育てを終えた人

まだまだ子供に手がかかる人

親の介護が必要になってきた人

独身で仕事をがんばっている人

離婚して子育てをしている人

親の遺産相続で頭を悩ます人

 

女性は40代から、激動の時代に突入します。

 

 

フィニッシングスクールは、もともとヨーロッパの貴族や良家の子女が社交界にデビューする準備のため、文化的教養やマナー、社交術、化粧、家事一般などを教える学校でした。

 

20世紀後半から女性の社会進出に合わせ、未婚既婚を問わず、礼儀作法、マナー、教養、美容、趣味などを学ぶ場所になりました。

 

 

40代から人生を生き抜くあなたに必要なのは、自分で自分を幸せにするマインドを持つこと。

 

それをお伝えするのが、笑顔で人生を生き抜く【40代から心のフィニッシングスクール】です。

 

 

 

日本の長い歴史の中で、女性はいつも「結婚」や「家」に縛られていました。

 

 

それは2017年の今でも

 

「女性は結婚するべき」

結婚したら子供を持つべき」

「子どもの為に我慢するべき」

育児は母親がするべき」

「親の介護は嫁の役割」

 

など昔からの価値観に、縛られています。

 

女性は、見えないたくさんの足かせがあります。

 

わたし達は、そこで真面目にがんばること=耐えしのぶことを教えられています。

 

母親の姿を見て、自分もそうしなくては!と思う人も少なくありません。

 

 

「本当はそんなことしたくないのに、しなくちゃいけない」

「わたしがしないと、どうなるんだろう?」

「わたしさえ、我慢したらなんとかなる・・・」

 

そう思って頑張ってきたのが、13年前に亡くなったわたしの母です。

 

 

福岡の炭鉱の町の呉服店の長女として生まれ、お手伝いさんや番頭さんもいる家。

お琴やお花、お茶を習いながら育ったお嬢さんでした。

 

中学生の時、担任に先生から卒業したら結婚したい、とプロポーズを受けたそうです。

明るくて朗らかで、少しワガママな性格で、誰とでもすぐに仲良くなる人でした。

 

絵を描くのが大好きで、東京の美大を受験したけど不合格。

でも、どうしても東京に行きたくて、ドレメ(ドレスメーカー)という洋裁学校に行くために上京しました。

 

わたしと同じように針仕事が苦手で、不器用だった母がどうして洋裁学校に?と思って

「どうやって、服とか作ったの?」

と聞くと、すまして「そんなの、みんな友達にしてもらったわよ。」と・・・。

 

東京でもモテモテで、慶應生ともダンスパーティーに行くなど、楽しい青春時代を過ごしたそうです。

卒業間際に父親(わたしの祖父)が亡くなり、家業を手伝うために実家に戻りました。

 

商売上手な母は、お店の誰よりも着物を売っていたそうです。

そんな中、お見合いで広島の父とご縁がつながり、結婚しました。

 

父は次男でありながら祖父が起こした店(布団屋)を継いだので、舅姑と同居。

結婚した時は、義理の弟や妹もいました。

家族経営の商売で、嫁に行った妹がパートで、弟の嫁も一緒に、と店に立っていました。

 

父と結婚し時代の流れに乗り、布団やからブティックに一部改装して新しく始めた時、母は

「着物に比べたら服なんて1桁違うんだから、売りやすいわよ。」

と売り上げを一気に、伸ばしました。

商売上手で、商売が本当にすきな人でした。

 

それでも当然、身内のゴタゴタはたくさんあり実録「渡る世間は鬼ばかり」でした。

だから、母はガン、としてこのドラマを見ませんでした。

「現実でたくさん体験しているのに、テレビでなんか見たくない!」と・・・

母の苦い思いが、この言葉に集約されていました。

 

家事も育児も、商売もしながら、母は父に「辛抱したら、辛抱の花が咲く」と言われていた、と言います。

幸い父と母は仲が良かったので、母は父の言葉に従い、いろんなことを耐えていました。

 

舅姑を見送りわたしも結婚し、これからやっとという時に母はいろんな心労が重なり、うつ病になりました。

そして自分を責めて、自ら命を断ちました。

わたしが結婚してから、2年も断たないうちの出来事でした。

息子が2歳になる前でした。

 

心にポッカリ穴が開いた、ということはこういうことなんだ・・・と、しみじみ思いました。

本当に心に穴が開いたのです。

 

その穴から風がスースー抜けて、たくさん泣きました。

何もできなかった無力な自分に。

 

 

わたしが占いからヒーリングやセラピーの道に入り、ヒプノセラピーやリーディングを学んだのは、きっと自分のためでした。

 

これまで、辛かった自分、何もできなかった自分、どこかで置いて行かれた(捨てられた)と思っていた自分のため。

 

あるいは同じような立場の方に、ヒーリングやセラピーをしてきました。

 

でも、もうそれは終わりました。

完全に終わったのです。

 

 

わたしは、すべての罪悪感を手放しました。

 

 

 

 

これからは

 

・自分で自分のことを、責めてしまう

・思うように人生が、生きられない

・親や、パートナーの顔色や機嫌を気にして生きている

・離婚したいけど、生活が不安だからできない

・独身だけど、結婚しないと幸せになれない?

 

と我慢や辛抱して生きているあなたに、もっと人生をしなやかにしたたかく美しく生きてほしい、と思いました。

 

誰かに幸せにしてもらうのではなく、自分で自分をしあわせにする生き方を身に着けてほしい、と願いました。

 

 

自分で自分の心のセルフマネジメントできたら、どんなにいいでしょう。

 

落ち込んでもネガティブになっても、自分を責めることなく気持ちを切り替えることができたら、どんなに楽でしょう。

 

 

今のあなたのマインドが、今あなたを取り巻く環境を作っています。

環境や状況を変えるには、自分のマインドを変えていけばいいのです。

 

 

そのマインドを変えるレッスンとは・・・

 

 

 

 

【心星ポラリス】

●お問い合わせは fortune.sakura@gmail.com

080-3136-4189

 

宇宙1幸せになるメルマガ【心星フォーチュン・メッセージ】

 

 

 


心星ポラリスセラピスト養成スクール&サロン 神戸市東灘区御影2-2-12カサ御影601

Copyright © POLARIS-SAKURA All Right Reserved.